横浜中華街占界を仕切る女の算命学 山縣由布〜やまがたゆふ〜 横浜中華街の女仙
  TOP   監修者プロフィール   横浜中華街の女仙とは   結果サンプル  
TOP > 監修者プロフィール
監修者プロフィール
「横浜中華街の女仙」プロフィール
山縣由布(やまがたゆふ)
横浜中華街に7箇所の鑑定所を展開している「横浜中華街 大鳳占やかた」で手相や占術の本格的な教育を行い、優秀な占い師の育成に努めている。
以前は学校の理事長も務めていたが、50歳を目前に原因不明の病に陥る。
何十回もの手術を重ね、病気は克服したが、体力が落ちてしまったことと20年ほど前にかかとを骨折し、それまでのように動き回る仕事ができなくなったのをきっかけに高尾学館で占いの勉強をはじめる。
長年に渡る、占いの勉強とさまざまな研究を経て、現在では日本でも数少ない「算命学」占術者として、横浜中華街占界を取り仕切っている。

※山縣由布先生は、平成22年8月10日に永眠されました。謹んでご冥福をお祈り致します。
山縣由布(やまがたゆふ)
女仙からの言葉
占いというと「当たる」か「当たらない」かということをよく考えがちになりますが、占いには当たりはずれ以外にも、その人の機運を示し、今後の行動を考えさせることによって、運命を変えることができるという側面もあります。あなたがあなたの星となる人と出会うことで、運勢が変化し、さらなる道を見出すことができるのです。占いで悪い結果が出ても、心配することはありません。あなたが如何にして悪い時期を乗り越え、良い機運を掴み、その道を見つけることができるように私たち占い師が存在しているのです。
山縣由布 人生年表
昭和2年   栃木県 出身
昭和23年
(戦後)
  日本女子体育大学 国体出場
中学校、高等学校師範教員免許を取得
オリンピック陸上競技候補選手であったが戦争によりオリンピックは夢で終わる。
昭和28年   日本大学芸術学部写真学科 中退
昭和30年   当時一般では行けなかった共産圏のソビエト連邦(現ロシア)に渡る。
ソビエト連邦で撮った写真が教科書で使われる。
昭和40年頃   コペンハーゲンで元内閣総理大臣の小渕さんと出会う。
当時早稲田大学院生だった小渕さんと数日に渡り旅を伴にする。
後に議員当選した小渕元首相の選挙を手伝う。
昭和50年〜   戦後133人目として「褐色細胞腫」が見つかる。
循環器に障害が現れ、副腎を摘出する。
交通事故により頭部に損傷を受け、完全体への再起は困難と医師に宣告を受ける。その後2年間が空白となる。
転機   人生のアドバイスがしたいという希望から新しい模索が始まり、より学術的、学問的、知識的なものを探す。
和歌山県在住の僧侶「風水先生」から手相を初め様々な易を学ぶ。
高尾学館に出会う。
平成元年   鳳占やかた(現、横浜中華街 大鳳占やかた) 設立
算命学総本校高尾学館に於いて学ぶ
平成12年   仏教大学の東洋史に入学 中退
平成22年   8月10日没
横浜中華街 大鳳占やかた
算命学・風水・タロット・手相・姓名判断・命名
http://www.hou-uranaiyakata.com/ (オフィシャルサイト)
当占いやかたは安倍晴明の流れを受けています。いま陰陽師として名をなしている安倍晴明(土御門家)の流れを受け陰陽師養成所にて26年養成に当たっていたのは私共の祖に当たります。
◆お車◆
首都高速道路 横浜公園出入口 3号狩場線山下町出口/新山下町出入口
(お車でお来しのお客様は、お近くの公共有料駐車場をご利用ください。)
◆電車◆
JR根岸線「石川町駅」
横浜市営地下鉄「関内駅」
みなとみらい線(東急東横線直通)「元町・中華街駅」
◆バス◆
横浜市営バス
「山下公園前」
「中華街入り口」
横浜中華街 大鳳占やかた 所在地
 
TOPへ戻る
© cocoloni,Inc