TOP > 監修者紹介

監修者紹介

マイン・ルシア・デ・オシュン (Mae lucia de oxum)


ブラジルで強い影響力を持つ伝統宗教“カンドンブレ”

ブラジル人約200万人から信仰されているカンドンブレ。

その中で、「聖なる母」の称号を持つルシア。

カンドンブレは、バイア州にひろまっているアフリカ起源の宗教です。 カンドンブレの神々は、オリシャ(Orixa)と呼ばれ、それぞれのオリシャには自然現象や色、曜日、好物、司る人間の内臓などが割り当てられています。 神々の数は地方やテヘイロごとに差異があり、その正確な数はだれにもわからないとされ、 これは各地の精霊信仰や日本の神道における八百万の神にも通ずるものがあると云われています。


私が、オリシャの神々とともに働くようになったいきさつ

“オリシャたち(アフリカの伝統宗教であるカンドンブレ教の神々)との最初の遭遇は、私が7歳のときに始まりました。 当時、私の父は重病で、家族みんなが心配していました。ある日の朝、目が覚めたときに、私の手のひらに【メッセージ】が 書かれているのに気がつきました。それは、“70”という数字。私は、父が70歳までは他界しないということを直感で悟りました。
直感が冴え始め、神秘体験が起きたその日以来、私は健康に関して多くの問題を抱え始めました。 私は13歳でスピリチュアリズムを形成しましたが、15歳のときに、ブラジルの心霊連盟に、 オリシャたちが降りてくるのを中止してくれるよう申し立てました。 なぜなら、当時はまだスピリチュアル的な仕事をしたくなかったのです。 しかし、運命の時が来ました。ある時、ヤラオリシャ(女性聖職者で、カンドンブレさい祭祀場である“テヘイロ”の長)が、 私のオリシャを通じて降りてきて言ったのは、「あなたの使命、そして天職は、生涯日本で人々を助けてあげることです」ということでした。 つまり私は、運命に「選択の余地がない」と通告されたのです。

こうして、28歳で日本へ初めて来ました。それ以来、私は神聖なオリシャたちと仕事をしながら人生を歩んでいます。 そして、今まで多くの方々の手助けをしてきました。私は、命の終わりまで、ここ日本ですべての人たちに手助けをしたいのです―。

マイン・ルシア・デ・オシュン

完全無料メニュー!